空き家の問題

最近、新聞やテレビでも空き家の問題が報道される事が多いと思います。町を歩いていて、一見しただけではあまり分からないかもしれません。

しかし、私が子供の頃に住んでいた町でもお年寄りが多く、若い人や子供はあまりいないようです。区域の小学校でもクラスの数がかなり減っているようです。

家は以前と同じ様に並んでいても、お年寄りだけの家や空き家が増えているという事だと思います。

家は、人が住んでいないと老朽化するのも早いので、雨漏りやシロアリの被害、野良猫が住みついたりする事にもなりかねません。また、不法侵入や放火など治安も悪化するおそれがあります。

これでは、ご近所にも迷惑をかける事になってしまいます。なかなか空き家の問題は、難しい問題だと思います。

空き家の問題について何か分からないかと思って、ネットを見ていましたら、参考になるサイトがありました。<空き家どうすればいい

空き家の問題は、相続など家の事情もからんだりして難しい問題だと思いますが、放置しておくのが一番良くないと思います。

自分で維持管理するのか、売却するのか、人に貸すのか等、方針を決めるのが第一だと思います。

そして、貸す場合は、その土地が何に向いているのかを見極める事が大事だと感じました。

いずれの場合もそれぞれの専門家に相談して、自分の思い込みで決めない方がいいのではないかとも思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です